お世話係の日常

スーパー銭湯 のぼせ 危険です(湯あたり・湯疲れ)

こんにちは。オハナのお世話係ももあき(@fureburu-ohana)です。

熱めのお湯にじっくりつかるのは、温泉の楽しみのひとつだと思います。
しかし、油断していると大きな危険が潜んでいる事があります。

 

のぼせ・湯あたり・湯疲れ

お湯につかる方法や時間、温泉成分の影響で、体調不良に至ってしまうのが『のぼせ』『湯あたり』『湯疲れ』です。

のぼせ


長時間入浴や、普段より熱めの温度のお湯に入る事で起こる症状です。

お湯に長時間つかると、体内に熱が溜まります。体はその熱を放出するために、血流を増やし、発汗を促します。人は入浴中も汗をかきますが、その理由は体に溜まった熱を放出するためです。

しかし放熱が追いつかなくなると、脳内にも熱が溜まりのぼせの症状が現れます。
症状
・めまい、ふらつき、失神など。
対策
・無理をして長時間入浴は避けましょう(ご自身の体調に合わせて調節してください)。
・熱めのお湯は、短時間入浴にしましょう(体が慣れてしまう前に湯からあがります)。
・入浴前になるべく水を飲みましょう(脱水症状になるのを防ぎます)。

お世話係は熱めのお湯に長くつかるのが好みです。

毎回、42℃前後のお湯に15分位つかりますが、先日初めて卒倒しました。倒れていた時間は1分程だと思いますが、目覚めた時は家かと思ったくらい意識が無い状態でした。ひじから倒れたらしく、両方にケガがありました。

卒倒時は意識がありませんから、打ちどころ次第で骨折や、そのままお迎えもあり得ます。皆さんも、どうぞ注意してください。

 

湯疲れ

日帰りや短期旅行などで、頻繁にお湯(温泉)に入ることにより起こる症状です。

実は、入浴すれば体力を使います。軽い運動をしている感じです。温泉地に行けば旅館のお風呂に何回も入ったり、他の施設や旅館を湯巡りしたりして、入浴する機会が増えます。またスーパ銭湯でも、たくさんのお風呂あり、岩盤浴などで入浴の回数が増えます。

軽くても何回も運動すれば疲れてしまう事と同じで、入浴でも回数を重ねると、湯疲れとしての症状が現れます。
症状
・頭痛、吐き気、倦怠感、疲労感など。
対策
・いきなり入浴せず体を慣らす(掛け湯やシャワーなどで体を温めてから入りましょう)。
・こまめに水分を取る(入浴中に取れない場合は入浴前に取りましょう)。
・頭痛や倦怠感を感じたら休憩する(無理せず治るまで入浴は待ちましょう)。

 

湯あたり

長期間に渡り入浴を繰り返す事により起る症状です。

湯治目的による長期間入浴や、温泉成分が体に合わないことで起ると言われています。湯治目的で管理人がいる施設では、管理人の指示に従い入浴してください。管理人がいなくても、掲示されている入浴心得などがあれば、それに従うほうが無難です。

医療として温泉を用いる「温泉療法」があります。
温泉療法→リンク先『温泉郷HP・温泉療法』2020

 

さいごに

今は温泉地に行かなくても、気軽に温泉を楽しめるようになりました。

しかし、せっかくの温泉やお風呂も、その事が原因で体調不良になってしまったら元も子もありません。特にのぼせは危険です。体がお湯に慣れてしまうと、入浴中は無理を感じなくなってしまう事もあります。その場合は、お湯から出てすぐ症状が現れます。

無理ぜず、当日のご自身の体調に合わせた入浴方法で、温泉を楽しんでください。

 

お世話係は貧乏性で、お湯に長く入ったり、何回も入ってしまいます。今回の卒倒で、何事も程ほどが良いと気づきました。無理しての長湯はやめます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました