わんこの情報

犬の病気 予防 フィラリア 必要? 不要?

こんにちは。オハナのお世話係ももあき(@fureburu-ohana)です。

フィラリア症は蚊を媒介して感染する病気です。
予防していない外で飼育している犬のほとんどが、感染していると言われています。

フィラリア症とは

蚊を媒介して糸状虫が感染し、体内で成長したことにより発症する病気です。

フィラリアはそうめんのように長く、長いものでは25cm以上になるものもいます。
フィラリア症知っていますか?→リンク先『とやま動物愛護HP>適正飼育お知らせノート』

フィラリアのサイクル

フィラリアの感染

フィラリアに感染している犬には『ミクロフィラリア』がいます。寄生するフィラリアの赤ちゃんです。実はこのミクロフィラリアは、犬の体内では成長できません。

ミクロフィラリアがいる犬を蚊が吸血すると、血と共に蚊の体内に移ります。
そして、吸血した蚊の体内で『感染幼虫』に成長します。

その感染幼虫がいる蚊が、さら吸血することで犬側に移り、感染します。

 

感染後のフィラリアの成長

感染後は筋肉や脂肪に入り、2か月くらい留まり成長します。

その後血管に入り、心臓へと移動します。最終的には心臓で大きく成長していきます。そこで雄と雌が出会うとミクロフィラリアが生まれます。そのサイクルを繰り返し、感染を拡大させていきます。

 

フィラリアの症状

軽い咳から始まり、全身状態の不良(毛艶・皮膚)、運動をしなくなり、次第に元気がなくなります。この状態でも重症化しているケースも多く、元気がないからと動物病院へ行き、検査でフィラリア症だと分かる場合もあります。

 

フィラリアの治療

外科的治療と薬物治療、又は併用にて治療が行われます。

外科的治療
感染虫を鉗子などで引っ張り出します。全身麻酔が必要で、ある程度の大きさになった成虫しか取り出せません。

薬物治療
感染中を薬物で殺します。成虫が死滅しても、その死骸が循環器系に残り、塞栓症などが起こるリスクがあります。薬物療法は、かなりの慎重な判断が求められます。

成虫の寿命は約5年です。
寿命が尽きれば死にますが、死骸は取り出すことができず、ずっと犬の体内に残ります。

高年齢犬であれば、症状を抑える対処で、見守るという選択肢もあります。

フィラリア症を発症させないことが何より重要です。

 

フィラリア症の予防

予防はなるべく蚊に刺されない事と、予防薬の投与です。

完全に蚊に刺されない環境を作ることは難しいですから、予防薬をきちんと投与することが重要です。

 

フィラリアの予防薬

大きくわけて3種類あります。

注射タイプ
ワクチンのように、予防薬を注射します。

このタイプは年1回または2回です。
採用している動物病院はあまりありません。体への負担と副作用のリスクが高いです。

スポットタイプ
背中から薬剤を垂らします。

このタイプは毎月投与です。
効果を十分得るために、投与から3日間はシャンプーを避けます。また、投与方法を誤ると効果が薄れる可能性があります。

チュアブルタイプ・錠剤タイプ

チュアブルは、ジャーキーのようなブロック形状が多いです。食いつきは良いです。錠剤タイプは、飲み薬です。チュアブルタイプは多くの動物病院で採用されています。

このタイプは毎月投与です。
蚊の季節の始まり1ヶ月後と、蚊の季節の終わり1ヶ月後に投与します。初回の投与は蚊の発生時期によって異なりますので、地域で変わります。期間は6ヶ月間です(獣医師により7ヶ月の場合もあります)。

チュアブルタイプの注意点は、毎月同じ日に忘れず投与することです。
数日の遅れは問題はありせん。10日以上遅れてしまったら、獣医に相談してください。

薬を直接、壁掛けカレンダーに貼ると忘れません。

 

フィラリア予防薬の投与の前に

動物病院では、投与前に検査があります。

検査は、成虫の感染を調べる抗体確認と、ミクロフィラリアがいるかの顕微鏡検査です。

この検査は大変重要です。
感染している犬に予防薬を投与すると、重篤症状になる可能性があるからです。症状が起こるメカニズムは解明されていません。したがって投薬前の検査は必須です。

フィラリア予防薬はインターネットで手軽に購入できますが、投与前の検査はできません。愛犬の健康や命を守るためのフィラリア予防ですから、動物病院で検査してからの投与をおすすめします。

オハナは動物病院で処方してもらっています。感染しているか分からないままの投与はできませんから、インターネットでは購入していません。

 

さいごに

フィラリア症は怖い病気です。感染したら命にかかわり、治療後の予後も良くありません。しかし、正しい予防薬の投与で、ほぼ防ぐことができる病気です。

「外に出さないから大丈夫」は危険です。

愛犬の健康のためにも、忘れずフィラリア予防をしてあげてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました