わんこの情報

犬の病気 熱中症 症状と予防

こんにちは。オハナのお世話係ももあき(@fureburu-ohana)です。

熱中症は、命を脅かす危険な症状です。

特にフレンチブルドックをはじめとする短頭種は熱中症にかかりやすく、飼い主さん側がしっかり管理してあげる必要があります。

犬には危険な症状 熱中症

夏になると、熱中症のニュースが報道される機会が増えますが、犬も熱中症にかかります。人よりもかかりやすく、重篤化するケースが多いです。

熱中症

原因は、高温多湿の状態に体が対応できなくなるために起こります。

汗をかき、汗が蒸発する時の気化熱で体温を下げることができる人間と違い、犬は汗腺(汗が出る穴)がほとんど無いため、気化熱で体温を下げることができません。

そのため『ハァハァ』と舌を出して呼吸することで、体温を下げようとします。その呼吸でも下げきれない状態になった時に、熱中症の症状が現れます。

熱中症の症状

犬が『いつものハァハァ』で歩き回ったり、自ら水を飲みに行っている場合は、さほど心配はありません。

しかし、いつまでもハァハァが収まらなかったり、ぼーっとしている状態が長いと、熱中症の初期症状の可能性があります。

熱中症が進むと、嘔吐やふるえ、下痢などを起こし、意識を失います。

 

熱中症の治療

熱中症を疑ったら、涼しい場所へ移動します。犬の平熱は38度でので、それよりも涼しい場所へ移動してください。日なたは避けてください。

氷などを用意し、首元、頭、わき、おなかを冷やします。冷やす過ぎると『ジバリング』か起こり、逆に体温が上がってしまいます。短毛種なら布を挟んで氷をあてたほうがよいです。長毛種はそのままでも大丈夫です。

『ジバリング』は身震いで体温調整しようとする生理現象です。人間が寒いところで起こる身震いと同じです。

散歩中であれば、コンビニで氷を買う余裕はありません。ためらわず近くのお宅を訪ねて、氷をもらってください。

もし、体温が下がっても落ちついても、動物病院へ連れて行くほうが無難です。熱中症が改善したとしても、後に起こる『遅延性症状』で重篤になる時があります。

動物病院では、体温測定、輸液、酸素吸入などをして様子を見ます。

熱中症の予防

夏場の日中は散歩を避けます。

日中は気温と湿度が高いのはもちろん、アスファルトからの輻射熱で、犬には相当の負担です。夜でも輻射熱がおさまっていない時がありますから、注意が必要です。

夏場の散歩は日が昇る直前の早朝がおすすめです。


室内ではクーラーをかけます。

犬は汗をかけないので、扇風機はほとんど意味がありません。温度設定は26℃くらいで大丈夫です(寒地出身の犬は26℃では不足している場合がありますので、愛犬の適温にあわせてください)。

クーラーには機種により『自動復帰機能』がついています。

夏場の停電(瞬間停電)は命取りです。通常のクーラーは停電したら止まります。止まった状態の閉切った部屋では熱中症のリスクは高まります。

自動復帰機能付きクーラーは、停電が解消すると運転を開始するので、お留守番の時に安心です。購入の際はその機能があるかを確認してください。

 

さいごに

夏場の散歩は、早朝でも首に保冷剤を巻ける『クールネック』をしていると安心です。また、ペットボトルの水と飲み皿を持って行くと、さらに安心できます。

夏場は散歩をしない事も熱中症を予防できる有効な方法です。しかし、排泄のために外出の必要もありますから、時間短く不要な散歩は避けてください。

最後までお読み頂きありがとうございました